パワーストーンを合わせたビーズアクセサリーデザイン例
近年、ハンドメイド市場の需要は大いに高まり、作品を出品し販売している方も少なくありません。

だれでも気軽に利用することができるので、主婦や学生、OLなどでも副業として始めている方や、ビーズアクセサリー作家として生計を立てることができるほど稼いでいる方もいます。

いずれにせよ、その際に取得していると役立つのがビーズアクセサリー資格です。販売するだけでなく、さまざま分野で資格を活かし役立てることができます。

ビーズアクセサリーのスキルアップをしよう

ビーズアクセサリーを生涯学習で教えるコツすでにビーズアクセサリー制作を楽しんでいる方の中にはビーズの魅力に魅せられて、さらにスキルをアップさせたい!と思われている方もいることでしょう。

また、ビーズアクセサリー制作に興味はあるもの、まだ挑戦していない方もいるかもしれません。そんなすべての方が、ビーズアクセサリーの基礎知識をしっかりマスターし、スキルアップできる唯一の方法は、ビーズアクセサリー資格の取得を目指すことです。

ビーズアクセサリー資格取得を目指すことで、多くの知識とスキルを習得することができます。独学でビーズアクセサリー資格取得を目指し、知識やスキルの向上を目指すこともできます。しかし、独学では限界があり、分からない点にぶつかると投げ出してしまうかもしれません。

また、資格試験に対応している書籍やテキストは本屋などでは販売されていません。では、資格試験の勉強は具体的にどのように進めたら良いのでしょうか?

それは、資格認定協会公認の通信講座を受講することです。おススメの通信教育機関は「諒設計アーキテクトラーニング」の「ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座」と、「SARAスクールジャパン」の「ビーズアクセサリー資格講座」です。

両者の通信講座では、初心者でも分かりやすいテキストを採用しており、毎日30分の学習を行えば6ヵ月で2つのビーズアクセサリー資格の取得が可能です。

早いスピードで学習を進めれば、最短2ヶ月で資格取得も可能となっています。質疑応答サポート体制も整っており、いつでも無制限に質問することができるので、誰でも安心して受講することができます。

ハンドメイドの魅力とメリット

ビーズアクセサリー制作の平均コスト少し前までは、大量生産で大量消費、人と同じものを持つ、ということが当たり前の考え方でした。しかし、時代の変化と共に、近年ではハンドメイドやDIYなどでモノづくりを楽しまれる方が増えており、メディアでも度々注目されています。

また、インターネットの普及と同時に、多くの方がスマートフォンを利用するようになり、フリマ専用アプリやハンドメイドのWEBサイトなどによって、インターネットを通して自分が作った作品を気軽に出品したり、購入することができるようになりました。

ビーズアクセサリーを含めたハンドメイド作品の魅力は何といっても、世界にひとつだけのオリジナルアイテム、という点が最大の魅力です。同じようなアクセサリーデザインが市販されていても、流行に流されず自分の個性を演出できるアクセサリーを制作できるのは大きなメリットと言えます。

また、個性的なアクセサリーを求めてハンドメイド作品を探し求めている方もいます。大量生産されている既製品とは違い、ハンドメイド作品には、手作りならではのぬくもりを感じることができるのも大きな魅力と言えるでしょう。

ビーズアクセサリー資格でできること

ビーズアクセサリー制作の講師になる方法ビーズアクセサリー資格を取得していなくでも活躍できる分野はあります。しかし、資格を保有することによって、保有していない人よりも有利になるうえ、履歴書に記入し、技術をアピールすることによって、ビーズアクセサリーに関係する就職でも役立てることができます。

たとえば、ビーズアクセサリー資格がなくても、インターネットのWEBサイトや専用アプリで自分が作った作品を出品し、販売することは誰にでもできます。しかし、出品して販売する際に、資格を保有していることをアピールすることで、売り上げアップへとつながります。

なぜなら、お客さまの多くは、第三者が認めている資格を保有していることで、信頼感や安心感を抱きやすい傾向があり、同じレベルのビーズアクセサリー作品が出品されている場合、間違いなく資格を保有している人の作品を購入するでしょう。

つまり、ビーズアクセサリーを取得することは、お客さまとの信頼関係を築くために役立てることができます。

また、自宅やカルチャースクール、ワークショップなどでビーズアクセサリーを教えたい場合、資格を保有していることで信頼感がアップし、多くの生徒さんが集まって来るでしょう。

ビーズアクセサリー資格W取得講座

ビーズアクセサリーを学ぶ時のポイント

ビーズアクセサリーを修理する時のポイントビーズアクセサリーを学ぶ時、学ぶ際にはどのような心構えをするとよいでしょうか?

はじめてビーズアクセサリー制作にチャレンジするという方は、まずビーズの種類、必要な道具や金具、丸カンの開閉方法、Tピンの使い方、つぶし玉の使い方などの基礎的な知識をマスターする必要があります。これらの名前と扱い方を覚えることで、さまざまなアクセサリーレシピを理解するのに役立つでしょう。

また、最近は天然石を組み合わせたビーズアクセサリーも人気です。それらを使って制作したい場合、各天然石がもつパワーや特徴などを理解するのも重要です。

基礎的な知識を学んだ後は、いよいよ実践です。最初から難しいアクセサリーに挑戦してしまうと、途中で分からなくなってしまい、投げ出してしまう可能性が十分あります。そのため、まずは8の字の編み方や始末の方法、8の字の増やし方など基礎を完璧にマスターしましょう。

その後、ネティング、ネティングのアレンジ方法、デイジーステッチ、スパイラルロール、ぺヨーステッチなど、難易度の高い編み方に挑戦すると良いでしょう。ビーズアクセサリー制作は、ビーズの種類や素材の組み合わせ方、編み方次第で自由にアレンジをきかせることができ、無制限の可能性を秘めています

それも、基礎の編み方をマスターすることで、臨機応変にアレンジできるようになります。したがって、ビーズアクセサリーを学ぶ際には、基礎をしっかりマスターしてから次のステップへと進むようにしましょう。

ビーズアクセサリー資格取得費用の相場

ビーズアクセサリーで生計を立てられる?ビーズアクセサリー資格にはいくつかの種類があります。その中でも受験資格が求められておらず、誰でも自由に受験することができる資格があります。

日本デザインプランナー協会が主催している「ビーズアクセサリーデザイナー」と、日本インストラクター技術協会が主催している「ビーズアーティスト」がとても好評です。

ビーズアクセサリーデザイナーもビーズアーティストも認定試験受験費用は、各税込み10,000円となっています。

そのため、1度で合格することができれば、各資格10,000円の費用で済ませることができます。しかし、認定試験に1度で合格するためには、認定試験で求められているビーズアクセサリーに関する専門的な知識とスキルを習得する必要があります。

独学で試験対策をすることもできますが、資格試験に対応している書籍などは販売されていません。また、ワークショップやカルチャースクールなどでビーズアクセサリー制作を学ぶこともできますが、認定資格試験には対応していません

では、どのように試験対策をすると良いのでしょうか?それは、資格試験に対応した通信講座を受講することです。

「諒設計アーキテクトラーニング」の「ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座」は、資格試験に対応した講座内容を提供しています。

ビーズアクセサリー制作が初めての方でも安心して学べるカリキュラムが採用されており、テキストに沿って実際にビーズアクセサリーを制作しスキルを身につけられます。分からないことがあったら、いつでも無制限で質問できる質疑応答サポート体制も整っています

この講座には自分でビーズアクセサリー資格の取得を目指す「通常講座」と、卒業課題を提出することで試験免除で100%資格が認定される「スペシャル講座」が用意されています。

通常講座の受講料は、消費税込み59,800円となっています。それに認定受験料が別途にかかります。一方、スペシャル講座の受講料は、2つの資格保証込みで消費税込み79,800円となっています。

ビーズアクセサリー資格W取得講座

資格があれば販売もしやすい

女子力がアップするビーズアクセサリーデザインビーズアクセサリー資格を保有することで、お客さまから信頼を得やすいので、売り上げアップへとつなげることができます。

たとえば、インターネットのWEBサイトや専用アプリを利用して作品を出品する場合、コメントを記載することができるようになっています。そこに自分が資格を保有していることを記載することで、多くの方から信頼感を抱かれるようになります。

また、フリーマーケットやイベントなどでお客様と直に接し作品を販売する際にはも、資格を保有していることをさりげなく話の流れで述べることで、作品の価値を上げることができ、売り上げアップへとつなげることができます。

資格があれば生涯学習講師になれる

ビーズアクセサリーを販売する時のコツビーズアクセサリ資格があれば、生涯学習の講師になることもできます。生涯学習とは、学ぶことや学習することを生涯にわたって続けていくことで、さまざま分野を学ぶことができます。

生涯学習は、各市町村にある生涯センター、公民館、コミュニティセンター、文化会館、文化センター、スポーツ施設など、各地域で講座や教室が開かれています。その中のひとつとしてハンドメイドに関する講座や教室も定期的に開かれています。

それにはパッチワーク、刺繍、ハンドクラフト、編み物、レース編み、レジンアート、リリアンジュエリー、ビーズアクセサリーなどがあります。その中でもビーズアクセサリー講座や教室は多くの女性に好評で、すぐに定員オーバーになってしまう定番の人気講座となっています。

生涯学習の講座を受講する方の申し込み動機はさまざまですが、すべての方に共通していることは、生涯学習の講座を通してスキルをアップしたり、生活を楽しみたい!という点です。

そのため、生涯学習の講師には、ビーズアクセサリー制作に必要なスキルと、講師としての教える能力が求められています。したがって、生涯学習の講師の募集がある際、必要な条件のひとつとして、ビーズアクセサリーに関する資格を保有していることが求められています

まとめ

ビーズアクセサリー資格を保有していれば、今後ますます拡大することが予想されるハンドメイド市場で資格を活かし、ビーズアクセサリー作家として活躍することができます。

すでにビーズアクセサリー制作を楽しんでいる方はもちろん、ビーズアクセサリーに興味がある方は、「諒設計アーキテクトラーニング」の「ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座」の受講を検討してみてはいかがでしょうか?まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

ビーズアクセサリー資格W取得講座

ビーズアクセサリー資格おすすめ情報比較サイト
ビーズで副収入!生涯学習講師やフリマ販売もできるビーズアクセサリー資格